現在Twitterが、一部のユーザーを対象にiOS向け公式アプリ内でデータセーバー機能をテスト中であることがわかりました。

これは、米メディア MacRumorsの記者のアカウントで有効になったことから判明し、プロフィールメニューの最下部に「データセーバー」のオン/オフボタンが新たに設置されており、本機能のオン/オフが出来るようになっています。

データセーバー機能を使用すると、ツイートをスクロールする際に動画が自動再生されなくなる他、画像も低画質で表示されるようになるということです。なお、これらの設定は、現行バージョンでも利用でき、「設定とプライバシー>データ利用の設定」からこれらの設定を個別に行うことができます。本機能にこれ以外の機能はないことから、データセーブに関する設定を個別に行わなくともよい為のショートカットボタンとして用意されるようです。

なお、既にTwitterは同機能のテストを数週間に渡って行なっているようで、近い将来、正式に実装される可能性が高そうです。

 

Via: MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)