本日、AppleがWWDC 2018において「watchOS 5」を正式に発表しました。

watchOS 5には、ヨガやハイキングなどの新しいワークアウト項目が追加され、Wi-FiやCellular通信を利用してApple Watch間で通話ができる「Walkie Talkie」(ワキトキ)←日本語でどう訳されるかは不明。機能や「Podcast」アプリの追加、メッセージやメールで送られてきたURLの表示(ブラウジング解禁)への対応などが予定されています。

なお、watchOS 5は初代Apple Watchでは利用できず、watchOS 5を適用するにはApple Watch Series 1以降の機種が必要となります。「watchOS 5」は今秋に正式リリースされる予定で、デベロッパー向けには既にBeta版の配信が開始されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ