本日、Appleがデベロッパー向けに提供していた「watchOS 5 beta 1」の配信を一旦、中止したことがわかりました。

同社は、watchOS 5 beta 1によってApple Watchが使用できなくなる場合があるとして、同ベータ版の配信を停止したと発表しています。また、本アップデートによりApple Watchが利用できなくなったユーザーに対し、速やかにAppleに連絡するよう呼びかけています。なお、現時点で詳しい原因は明らかにされていませんが、既に原因の特定に向け調査中だということです。

この影響により、デベロッパーセンターから「watchOS 5 beta 1」のダウンロードファイルが削除された他、iPhoneの「Watch」アプリから利用できるOTAアップデートも取り消されたということです。

本稿執筆時点では修正版がいつ頃リリースされるかなどはわかっていません。

 

Via 9to5Mac

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ