VR元年と言われる今年こそお手軽VRデビューをしてみよう!

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

最近、ぷるど.netは最先端系のネタで攻めていますね…。
次は何が出てくるのやら。(準備中の記事でIoTなものは…。お楽しみに!)

今回も、レビュワーの味方。Amazonより仕入れて来ました。
本日紹介するのは、Habor 3D VRゴーグル VRヘッドセットです。

iPhoneやAndroid端末を使って、お手軽にVRを体験できるVRゴーグルです。

VRと言えば、最近SONYさんがPlayStation VRを出して大きな反響を呼んでいますね。
そのVRは2016年が元年と言われる技術です。(と言いつつも私が初めて体験したのは去年w)

VRとはバーチャルリアリティの頭文字を取った用語で、似た言葉としてポケモンGOなどに利用されているAR(拡張現実)など、最近の流行りはもう1つの現実を作ることみたいです。

(VRといってもローテーション速度の事じゃないですからねw)←わかりにくネタを突っ込むな


それでは開封していきましょう。

fullsizeoutput_931

普通の段ボールに入っています。

fullsizeoutput_932

内容物は、本体、説明書、色々入った袋です。

fullsizeoutput_933

本体。前面には世界地図が描かれています。

fullsizeoutput_934

その前面がパカッと開き、スマホを入れます。

fullsizeoutput_935

このダイヤルでピントを調節します。

fullsizeoutput_936

顔に当てる部分。スポンジが付いていて痛くはないです。





今回このゴーグルで使うのはこのアプリ。

夜空を見上げれるアプリです。
ゲームとかはサラサラやる気はないので、何も考えずに楽しめるアプリですw
(YouTubeの360度動画を使うのもアリかも)

と言いつつもVRを画像と文字だけで伝えるのは難しいので…。
一応スクショを載せますが…。

fullsizeoutput_937

何が何なのか全くわかりませんね( ꒪⌓꒪)
まぁ、気になる人はゴーグルを買って体験してみてください(汗)

ちなみに没入感はそこまでないです。
密着感が高くないので、鼻当ての部分から外が見えます(笑)

iPhone SEとiPhone6で確認を行いましたが、没入感に差は殆どありませんでした。
画面サイズは4インチ以上6インチ未満であれば問題なさそうです。

ですので、本格的なVRというわけではありません。
お手軽にVRを体験したい方や、初めてのVRという方にはオススメの製品です。
(もうしばらく待った方が良い製品が増えてくるかも…?)

気が向いたら覗いてみて下さい( ꒪⌓꒪)

保存保存

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ