米メディア MacRumorsによると、MacBook Pro 2018から採用された「第3世代バタフライキーボード」に設置されているシリコン製の膜は、「ゴミの侵入を防ぐ為のものである」とAppleが正式に認めたということです。

これは、Appleが正規サービスプロバイダに公開した内部文書から明らかになったもので、同社は正規サービスプロバイダに対し、キーキャップ下のバタフライ構造にゴミや埃の侵入するのを防ぐための薄い膜が設置されていることを案内しています。また、スペースキーが従来のものと構造が異なるとして、交換方法が変更になっていることも合わせて案内されているということです。

これまで、Appleでは法的責任をはぐらかす目的もあり、第1/2世代バタフライキーボードの構造的欠陥を直接的に認める言動は避けて来ましたが、正規サービスプロバイダ向けの内部文書ということもあり、新しく設置されたシリコン製の膜の「本来の役割」にも言及したものと考えられます。

なお、現在実施中の第1/2世代バタフライキーボードの無償修理プログラムに旧MacBook Proを出しても、第3世代バタフライキーボードに変更されることがないことは既に判明している上、有効な解決策も取られていないことから、MacBook 2015〜2017、MacBook Pro 2016/17を購入したユーザーは、製品買い替えまでキーボード問題を抱えたままとなることは確定しています。

 

Via: MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)