米メディアMacRumorsによると、Appleが昨日MacBook Pro 2018向けにリリースした「macOS High Sierra 10.13.6 追加アップデート 2」には、同機種で報告されていた多数の不具合の修正が含まれているということです。

同紙によると、同アップデートを適用すると一部ユーザーから報告されていたスピーカーからのノイズ発生に関する不具合が修正されている他、頻繁にカーネルパニックが発生する不具合が修正されているとのことです。

しかしながら、アップデート後もiTunesでの音楽再生時などのノイズは修正されていることが確認されているものの、SafariでYouTubeのコンテンツを再生した場合にまだ発生するとの報告例がある他、カーネルパニックについても、アップデート後も「bridgeOS」が原因でクラッシュしたとの報告も挙がっており、不具合が完全に払拭された訳ではないようです。

 

Via: MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)