先日、MicrosoftはWindows 10の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」をリリースし、直後にユーザーデータが消失する可能性があるとして配信を停止しました。

現在、Microsoftでは同アップデートによりユーザーデータを失ってしまったユーザーに、同社のサポートセンターに連絡するよう促しています。

これは、Windows Insider Programの責任者Dona Sarkar氏のTwitterや同社の公式ページから発表されている内容で、ファイルを削除されたユーザーにサポート窓口への問い合わせを促すとともに「技術サポートに良好な状態に戻すツールがある」と発表しています。

情報公開直後は情報が錯綜し、真偽不明となっていましたがWindows 10の更新履歴のページに「影響を受けたデバイスの使用を最小限に抑えて、直接ご連絡ください(please minimize your use of the affected device and contact us directly)」との記載が加えられ、同社が公式に同問題への対応を行なっていることがわかりました。

なお、現時点で「Windows 10 October 2018 Update」の配信再開時期については言及されておらず、同社はユーザーデータロストへの火消しに追われているようです。

 

Windows 10 update history

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)