本日、Appleは対象となる全てのApple Watch向けに「watchOS 5.1」をリリースしましたが、現在は一時的に提供が停止されています。

これは、「watchOS 5.1」の適用を試みた複数のユーザーがアップデート中にフリーズし、Apple Watchが「文鎮化」する不具合に対処するために取られた措置とみられます。

現時点で具体的な原因などはわかっていませんが、万が一「文鎮」状態になってしまうとApple直営店や配送修理でしかトラブルを解消する手段がありません。

現在、同社は原因の究明と修正に取り組んでいると考えられ、数日中に改訂版がリリースされるものと考えられます。なお、既にアップデートが正常に済んだユーザーがこの問題に遭遇することはなく、あくまでもアップデート中に発生する深刻な不具合となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)