米メディア 9to5Macによると、Appleは「Apple Watch Series 4」に7つの新しいコンプリケーションを追加する予定であるということです。

これは、先日デベロッパー向けにリリースされた「iOS 12.1.1 beta」と、本日全てのユーザー向けにリリースされた「watchOS 5.1.1」をそれぞれの端末に適用した際に、「インフォグラフ」と「インフォグラフ モジュラー」の2つの文字盤において、ホーム、メール、ニュース、メッセージ、リモート、電話、マップのコンプリケーションが追加できるようになっていることが分かりました。

但し、現時点では設定項目に項目が表示されるだけで、利用はできない状態となっています。

この「項目は存在するが利用できない現象」について9to5Macは、watchOS 5.1で報告された文鎮化への対処を急いだ結果、次期アップデートで実装予定だった機能を削除し忘れて、正式版としてリリースしてしまったのではないかと推測しています。

 

Via: 9To5Mac

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)