本日、Huaweiが「HUAWEI WATCH GT」を2018年12月7日より販売すると発表しました。

HUAWEI WATCH GTは、1.39インチの高精細AMOLEDを採用し、高級感溢れるセラミックベゼルで作られたスマートウォッチです。本体も厚さ約10.6mm、重さが約46g(ベルトなし本体のみ)と薄型軽量設計のため、自然な装着感があり、使用場面を選ばないとしています。

日常生活では、スマートフォンとBluetooth接続をすればスマート通知機能で、メールの受信メッセージなどを通知することが可能です。スポーツシーンでは「GPS」、「GLONASS」、「Galileo」と3種類の衛星測位システムを内蔵し、より迅速に位置計測することが可能になったということです。腕に装着したまま泳げる5気圧防水、進化した心拍数自動測定機能であるTruSeen 3.0、睡眠深度や睡眠時間の計測ができるTruSleep 2.0など便利な健康管理機能も搭載し、マルチスポーツやトレーニングに対応した科学的なアドバイスも提供できるということです。

なお、その他の詳細は以下をご覧下さい。

販売は、全国の量販店またはECサイトで行われ、市場想定売価はスポーツモデル(ブラック)が24,880円(税抜)、クラシックモデル(シルバー)が25,880円(税抜)となっています。発売日は、スポーツモデルが2018年12月7日〜、クラシックモデルについては12月19日〜となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)