本日、Appleが2019年1月18日より中華人民共和国と香港特別行政区で「HomePod」を販売することを発表しました。

中国と香港でも販売は、2018年にアナウンスされ、2019年の早いうちに発売するとのアナウンスがなされていました。Appleは、HomePodを2,799元(約¥45,000)で販売すると発表しており、アメリカ、イギリス、オーストラリア、フランス、ドイツ、カナダ、メキシコ、スペインに続く9、10カ国目の販売国となります。

『HomePod』はAppleの音声アシスタントの「Siri」を搭載しており、話しかけることにより天気やニュース、交通情報、タイマーなど様々な情報を聞くことができる他、HomeKit対応デバイスの操作にも対応しています。本体には、7基のツイーターと4インチのウーファーを搭載しており、オーディオビームフォーミングやノイズキャンセリング機能の為にA8チップを搭載しています。このA8チップが設置場所から音響特性をモデリングし、常に最適な設定で音楽を楽しんだり、様々な情報を確認できます。

 

Apple Newsroom

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)