先日、MicrosoftのSkypeが Skype for Web をリニューアルしましたが、それと同時に一部のWebブラウザのサポートを終了しています。

本リニューアルでは、HD品質のビデオ通話や通話の録音に対応し、通知パネルや会話内検索、メディアギャラリー機能などデスクトップ版に準拠する変更が加えられています。

その反面、Web版を利用できるブラウザが「Microsoft Edge」と「Google Chrome」の2つに限定され、「Safari」「Firefox」「Opera」のサポートは終了となりました。この為、MacユーザーはWeb版を利用するには、Google Chromeを利用する必要があります。

なお、同社は今回の変更について、通話やリアルタイムメディア技術がブラウザごとに実装方法が異なっており、両ブラウザでのサポートを優先したためとしています。

 

Via: Venturebeat

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)