Appleが、2019年7月1日をもって どこでも My Mac 機能の運用を完全終了し、全てのmacOSのバージョンから利用できなくなることを発表しました。

これにより、同機能の全ての機能が使用できなくなります。Appleは代替ツールとして、iCloud Drive、画面共有、Apple Remote Desktopを使用するように推奨しています。

なお、本機能は macOS Mojave では既に廃止されていました。

 

「どこでも My Mac」の変更点に備える – Apple

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

Error(Copyrighted Image)