Written by 11:09 AM Apple, プレスリリース

Apple、カメルーン、ジンバブエ、ドイツ、韓国で App Store レートを改定へ

本日、Apple がカメルーン、ジンバブエ、ドイツ、韓国で App Store レートを改定することを発表しました。

カメルーン:新たに19.25%の付加価値税の導入に対応
ジンバブエ:新たに14.5%の付加価値税の導入に対応

これらの地域では、App Store でのアプリやアプリ内課金(自動更新可能なサブスクリプションを除く)の価格が値上げされます。

ドイツ:一時的に16%に減税されている付加価値税の税率が19%に戻るための変更。なお、App Store での価格に変動はなし。
韓国:アプリおよびアプリ内課金(自動更新可能なサブスクリプションを除く)の代替階層の価格を、現地に関連する追加の価格設定の慣習を考慮して調整。

これらの変更が有効になると、「My Apps」の「Pricing and Availability」のセクションが更新されます。App Store Connect では、アプリやアプリ内課金(自動更新可能なサブスクリプションを含む)の価格をいつでも変更できます。サブスクリプションを提供している場合は、既存のサブスクライバーの価格を維持するかどうかを選択できるということです。

 

Upcoming tax and price changes for apps and in-app purchases

(Visited 5 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)