Written by 02:25 Apple, Mac, Update

Apple、macOS Big Sur 11.3 を正式リリース

本日、Apple が macOS Big Sur 11.3 を正式リリースしました。

本アップデートには、以下の新機能や変更点が含まれています。

macOS Big Sur 11.3 では、AirTag への対応が追加され、M1 を搭載した Mac での iPhone および iPad 用 App に関する改善が含まれ、カップルの絵文字で別々のスキントーンのバリエーションが使用可能になります。

AirTagと“探す”
・AirTag に対応し、鍵、財布、かばんなどの大切な持ち物の位置情報を、“探す” Appでプライバシーと安全性を確保しながら確認したり、探すことができます
・何億ものデバイスからなる“探す”ネットワークにより、AirTag が近くにない場合でも、AirTag を探すことができます
・紛失モード では、AirTag を見つかったときに通知が送信され、あなたの連絡先の電話番号を入力しておくことができます

M1を搭載したMacでのiPhoneおよびiPad App
・iPhone および iPad 用 App のウインドウサイズを変更できるオプションを追加
・iPhone および iPad 用 App の最大解像度バージョンのフルスクリーン表示に対応
・デバイスの傾きを利用する iPhone および iPad 用ゲームのキーボードでの対応
・ゲームコントローラ対応の iPhone および iPad 用ゲームのキーボード、マウス、およびトラックパッドでの対応

絵文字
・キスしているカップルの絵文字、カップルとハートの絵文字のすべてのバリエーションで、別々のスキントーンに対応
・新しい顔の絵文字、ハートの絵文字、髭を生やした女性の絵文字を追加

ミュージック
・自動再生で、曲またはプレイリストが終わったあとも似ている曲を自動的に再生して、ミュージックの再生を継続可能
・世界の100を超える各都市で人気のあるミュージックを紹介する都市別ランキング

Podcast
・Podcast の番組のページを、より簡単に視聴を開始できるように再設計
・エピソードを保存およびダウンロードするオプションにより、自動的にエピソードをライブラリに追加して、素早くアクセスすることが可能
・ダウンロードの動作および通知の設定を番組ごとにカスタマイズ可能
・新しい番組を見つけるときに役立つ、ランキングと“検索”での人気のカテゴリ

Safari
・スタートページのセクションの順序をカスタマイズ可能
・WebExtensions API が追加されたことで、デベロッパは新しいタブページを置き換える機能拡張を提供可能
・Web Speech API により、デベロッパがリアルタイムのキャプション表示、音声入力、音声ナビゲーションのための音声認識をWebページに組み込むことが可能
・WebM および Vorbis のビデオ/オーディオフォーマットに対応

リマインダー
・“今日”のスマートリストの並べ替えが可能
・リスト内のリマインダーの順序のデバイス間での同期に対応
・リマインダーリストをプリントするオプションを追加

ゲーム
・Xbox Series X|S のワイヤレスコントローラまたは Sony PS5 の DualSense ワイヤレスコントローラに対応

M1チップを搭載したMac
・ハイバネーションに対応

このMacについて
・Apple ID でサインインしている場合、“このMacについて”の“サービス”タブに Apple の保証状況と AppleCare+ 保証の状況を表示
・AppleCare+ に加入可能な Mac では、“このMacについて”からの AppleCare+ の購入と登録に対応

このリリースでは以下の問題も解決されます
・Siri によって作成されたリマインダーが、意図せずに早朝に設定される場合がある
・iCloud キーチェーンがオフにならない場合がある
・AirPods の自動切り替えで、オーディオが誤ったデバイスに送信される
・AirPods の自動切り替えが通知されなかったり、通知が重複したりすることがある
・外部4Kモニタを USB-C で接続したときにフル解像度で表示されない場合がある
・Mac mini(M1、2020)の再起動後にログインウインドウが正常に表示されない場合がある
・アクセシビリティキーボードで滞留機能が正しく動作しない場合がある

macOS Big Sur は、無料のソフトウェアアップデートとして提供され、MacBook 2015 以降、MacBook Pro 2013 以降、MacBook Air 2013 以降、iMac 2014 以降、iMac Pro(全モデル)、Mac mini 2014 以降、Mac Pro 2013 以降の Mac で利用可能です。

なお、アップデートは『システム環境設定』>「ソフトウェアアップデート」より可能です。

(Visited 1 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)