Written by 5:30 PM Microsoft, Windows, ネタ

Microsoft、Windows 11 が対応するプロセッサの一覧を公開 動作要求は厳しめ

本日、Microsoft が Windows 11 が対応するプロセッサの一覧を公開しました。

公開されたのは、Windows 11 に対応する Intel、AMD、Qualcomm 製プロセッサの一覧です。

Intel製プロセッサの一覧
AMD製プロセッサの一覧
Qualcomm製SoCの一覧

リストによると、Intel 製プロセッサでは第8世代以降、AMD 製プロセッサは Zen+ 以降のアーキテクチャを採用する Ryzen プロセッサが Windows 11 に対応するということです。なお、同社は Windows 11 発表時には1GHz以上で動作する2コア以上の64bit CPUまたは SoC をサポートすると案内していました。

また、これ以外にも4GB 以上の RAM、64GB 以上のスレレージの空き容量、DirectX 12(WDDM 2.0ドライバー)以上に対応する GPU、9インチ8ビット720p以上のディスプレイも要求しています。

なお、使用するデバイスが Windows 11 に対応するかはPC 正常性チェックで確認できます。

 

ハードウェア要件/仕様の最小要件 – Microsoft

(Visited 11 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)