Apple上級副社長Eddy Cue氏とApple Parkでランチができる権利を買えるチャリティーオークションが開催中

AppleのTim Cook CEOとランチが出来る権利を販売することでお馴染みのオークションサイト「Charitybuzz」にて、Apple新本社「Apple Park」で同社のインターネットソフトウェア&サービス担当上級副社長のEddy Cue氏(エディ・キュー)とランチが出来る権利を販売するチャリティーオークションが開催されています。

同内容のチャリティーオークションは6月にも実施されており、最終的には$200,000(約2,300万円)で落札されました。

落札できる条件は、2017年8月1日から2018年6月30日までの間に「Apple Park」で同氏とランチできる18歳以上であることが条件で、オークションの開催期間は2017年7月25日までとなっています。

尚、オークションの収益は、自閉症の患者を支援する非営利団体であるAutism Movement Therapy, Inc.に寄付されます。


日本からの場合だと¥3,000万円くらい用意しておけば、大丈夫だと思われます。

『私は持っているテクノロジーをすべて引き替えにしても、ソクラテスとの午後のひとときを選ぶね。』

ならぬ

『私は持っている資産をすべて引き替えにしても、Eddy Cueとの午後のひとときを選ぶね。』

と言う方は、是非落札してみて下さい。
大手メディアに掲載されるでしょうし、もしかすると有名人になれるチャンスかもしれません(笑)

[via MacRumors

保存保存

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ