MacRumorsによると、Appleは直営店の従業員と正規サービスプロバイダに対し、修理対応が必要と判断された一部の初代「Apple Watch」を「Apple Watch Series 1」と交換対応する指示を出していたことを明らかにしました。

交換対象とされているのは、シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドのアルミニウムケースを採用した「Apple Watch Sport」更に、この対応を実施しているのは「一部の国」と、具体的な国名は公表されていません。

「Apple Watch Series 1」は2016年9月に「Apple Watch Series 2」とともに発表されたモデルで、プロセッサーのデュアルコア化以外は初代とほぼ同じ仕様となっています。

正直、初代からSeries 1に交換されることを喜んで良いのかはビミョーなところ。
フルで交換になるのであれば、少しお金を足してSeries 2を買う方が賢い選択の様に思います。

筆者は初代Apple Watchユーザーなので、ぶっ壊してどう対応されるのかを検証してみたい気はありますが、有償の通常修理になった時には悲惨な結末を迎えるだけなので、自損行為は控えてたいと思います。

又、日本国内でこの対応を受けた方は是非教えて下さい。

 

Via MacRumors

保存保存

保存保存

保存保存

Error(Copyrighted Image)