DigiTimesが、Appleは今年の第四四半期に250万台、2018年には2000万台以上のApple Watchを販売すると報じています。

現在、ウェアラブル市場はAppleを除き苦戦を強いられていますが、公開されたレポートの中でAppleのみが今後も成長すると予測しています。それに関連して、ASUSが既に市場撤退を決定していることや、Intelもこの分野のリソースを削減しているとも報じています。その他、ウェアラブル端末を販売するSamsung、LG、HUAWEI、Lenovo傘下のMotorolaなども小売売上高が減少しているとの予想を公開しています。

この予測は、Apple WatchにLTEモデルがでた前提で全ての試算が行われているので、噂が外れた場合はこの数字にはならないものと思われます。また、生産体制を強化するために主要サプライヤーにFoxconnを迎い入れ、Quantaとの2社体制での製造も行われるともしています。

 

Via: appleinsider

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントをどうぞ