みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回はiOS 11で搭載された新機能「Wi-Fiネットワークのパスワード共有機能」の使い方をご紹介します。

 

・手順

1. 招待されるユーザーが『設定』>「Wi-Fi」> 接続先のネットワークの名前(SSID)をタップ

パスワード入力画面になれば招待される側のユーザーの作業は終了です。

2. 招待する側のユーザーがiOS端末を、接続を許可するユーザーの近くに持っていく
(既に該当ネットワークに接続されていることが事前条件となります。)

3. 上記の表示が出るので「パスワードを共有」>(共有中)>「完了」の順に進める

招待する側のiOS端末で「完了」表示が出ると、招待された側の端末のパスワード入力画面に自動的にパスワードが入力され、接続が完了となります。

なお、本機能はiPhone、iPadなどのiOS端末の他、macOS High Sierraを搭載したMacでも使用できます。
(Macの場合も接続する端末を近づけるだけ)

できないときは…

・両方の端末がiOS 11にアップグレードされていますか?
『設定』>「一般」>「ソフトウェアアップデート」で使用中のバージョンやアップデートの有無を確認できます。

・SSIDの選択を間違えていませんか?
「Wi-Fi」から正しいSSIDを選択してください。

 

なお、その他の新機能とその使い方はこちらより確認できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)