海で遭難しかけたサーファー、Apple Watch Series 3でSOSを投げて無事救出

心臓疾患の人がApple Watchで命拾いしたという話題は、過去に何度もありましたが、今回は「Apple Watch Series 3 Cellularモデル」だからこそ助かった命です。

アメリカ カリフォルニア州南部のベンチュラ沖でサーフィンを楽しんでた、ジョン・ジラスさん(49歳)。

彼がカイトボーディングを楽しんでいたところ、突然大きな波にのまれてしまいました。岸に戻ろうと色々なことを試しましたが、気づけば海岸から約1マイル(1.6Km)も離れてしまっていました。しかも、この海域はホオジロザメの目撃情報が相次いでいる場所で、1.6Kmもの距離を泳いで帰るには危険すぎます。

仮に泳いだとして、岸まで2時間程度か…。
ふと、時間を確認するため腕時計を見たジラスさんの腕にあったのは、Apple Watch Series 3 Cellularモデル。


その存在を思い出したジラスさんが電波状況を確認すると、受信強度は最高状態。
すぐさま、息子に連絡をとり無事を伝えると共に沿岸警備隊の連絡先を教えてもらい、連絡。

事情を説明すると、15分後には救助されました。

後日、ジラスさんがApple Tim Cook CEOにメールで感謝を伝えたところ、「Wow! あなたが無事と聞いて嬉しいです」と短いながらもジラスさんが無事であったことを喜ぶメールが返ってきたそうです。

Apple Watchを購入するときに妻を説得するのに苦労したというジラスさん。
しかし、苦労して交渉し購入したApple Watchに命を救われることとなりました。

 

Via: DailyMail

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ