Apple、「watchOS 1」向けアプリのアップデート受付を18年4月1日をもって終了へ

本日、AppleがDeveloper向けに、「watchOS 1」向けアプリのアップデート受付を18年4月1日をもって終了すると発表しました。

2018年4月1日以降は「watchOS 1」向けアプリのアップデートは承認されなくなり、それ以降にアップデートを申請する場合、「watchOS 2 SDK」以降で開発されたネイティブアプリであることが必須条件となります。


また同時に、「Apple Watch Series 3」と「watchOS 4」への移行を促しています。

未だにwatchOS 1 SDKで開発を行われている方は少ないとは思いますが、もし該当する方は移行の準備を検討して下さい。

 

Apple Developer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ