CNETによると、Amazonが米国の自社サイトでApple TVとChromecastの取り扱いを本日より再開するということです。

これは、Amazonの広報担当者が同紙の取材に対し、「Apple TVとChromecastの取り扱いを再開する方向で動いている」と答えたことで明らかになりました。

この2つの端末を巡ってはここ数週間の間に進展があり、前者はApple TV向けPrime Videoアプリの配信開始、後者は同社がChromecastの販売を拒否することからGoogleが競合するAmazonのFire StickからのYouTubeアクセス禁止措置など、様々な動きがありました。

Amazonは自社が販売するFire Stickとこれらの製品が被るという理由で、自社サイトでの販売を一方的に認めていませんでしたが、Googleがキレた…。両社の間で販売契約が締結されたのか約2年ぶりに販売が再開されることとなりました。

なお、この件についてAppleとGoogleはコメントを発表しておらず、Fire StickからYouTubeへのアクセスが再び許可されるかなどもわかっていません。また、これが全世界で適用されるかなどは不明で、現時点でAmazon.jpではこれらの製品の販売は始まっていません。

*Update*
Chromecastの販売が開始されました。

Via: CNET

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)