iPhoneとApple Watchを同時充電できるスタンドを買ってみた!

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、私自身のデスク環境を改善すべく行っている(?)環境改善策のお話です。
第一弾はこちら。(EIZOのディスプレイを買った記事です)

まずはこちらの写真をご覧ください。

IMG_1882

まぁ、見事にゴチャゴチャですね…。
Apple Watchにモバイルバッテリー、そしてiPhoneまで…。
さらにここにiPadがある時もあったり( ꒪⌓꒪)

私の部屋の充電スペースなんですが、毎日充電するガジェットの量が多くて、いつもこんな状態です。
それに、充電が終わってもiPhoneを置く定位置はないんですよね…。

そんな状況が嫌で、試行錯誤を続けてきたんですが、机の大きさ的に出来ることが限られていました。
そんな時に、Amazonのタイムセールで良いものを見つけてしまいました…。




1byoneと言うメーカーの
『超便利3in1セット アルミ製iPhone/iPad/Apple Watch充電スタンド』
を購入してみました。今回はiPhoneや机の雰囲気に合わせて灰色をチョイス。

IMG_1885

パッケージはシンプルでいかにもAppleっぽい。

IMG_1886

パッケージ裏には、説明書。

IMG_1887

プラスチック製の柔らかい容器に入っていました。

IMG_1888

付属品は本体・ACプラグ・説明書です。

IMG_1890

本体はこんな感じ。まぁまぁ高級感はあるかな?

IMG_1892

後ろから。

IMG_1893

左から、本体給電用DCプラグ、充電用のUSB×2です。

IMG_1895

説明書はこんな感じ。
このLightning端子はMFIを取得していますので、純正品と同じ性能が保証されてるのが良いポイント。

IMG_1896

中身はすべて英文です。
イラストが多いので、特に不自由は感じませんでした。

IMG_0190

iPhone SEとApple Watch 38mmをセットしてみるとこんな感じ。

IMG_1897

無理やり、iPad mini2をのせましたが、これは無理(汗)





個人的に感じたことなんですが、Apple Watchのケーブルを裏に入れるのは大変でした。
そもそも私が純正の2mのケーブルを使っているのも原因ですが。
(あまりにも難航して、写真なんて撮る余裕がなかったのは秘密だったと思います)

あと、Apple Watchの42mmをお使いの方は問題ないと思いますが、38mmだとパッケージ写真の様に台に巻きつけるのはバンドの長さ的に難しいです。

ウーブンナイロンは相当辛かったです。
スポーツバンドは普通と言った感じです。

ですので、購入の際はご自身が使用しているバンドとケースの大きさに注意された方が良いかもしれません。

その他、気になる点はありませんでした。
まぁ、個人的な話をすれば、スッキリしたのは良いんですが、余計に机が狭くなった気が( ꒪⌓꒪)

IMG_1898

うーん。120cmのデスクが狭いとは…。
300cmくらいのデスクが必要なんでしょうか…?(震え声)

ですが、iPhoneの置き場所が定まったので良いかなぁ…。と思っています。
(なんでも置き場所が定まってないと気持ち悪い人間です)←めんどくさいw




ちなみに、この製品はよくAmazonのタイムセール登場します。
こまめにタイムセールページをチェックして、お得にゲットして下さいっ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ