先日リリースされた「iOS 11.2.2」にはCPUの深刻な脆弱性「Spectre」を修正するプログラムが含まれていましたが、これをiPhone 6に適用すると最大50%程度の性能ダウンとなるようです。

これは、テック系メディア Me1vinが実施したGeekbenchを用いたテストにより判明し、iOS 11.2.2の適用前後でiPhone 6の性能比較を行ったところ、一部のテスト項目では最大50%の性能低下が見られたということです。

テストでは「Geekbench4.2.1」が使用され、シングルコアのテストの結果は、「iOS 11.1.2」で1561だったものが「iOS 11.2.2」では924へと約41%低下し、マルチコアでは「iOS 11.1.2」の2665が、「iOS 11.2.2」では1616へと、約39%低下してしまっています。

しかし、同メディアは性能ダウンがあるからといって、アップデートをためらってはならないとしています。

iOS 11.2.2には、先述の通りCPUの深刻な脆弱性を修正するプログラムが含まれており、非常に重要なアップデートとなっています。性能がダウンするからといってアップデートを行わないと、端末とその中の個人情報を危険に晒す行為となる上、実際の使用において、ベンチマークスコアの差が気になる程、動作速度は落ちていないとしています。

なお、Appleもこの事実を認めており、今後のアップデートで性能復帰を行うとしていますので、必ずiOS 11.2.2は適用するようにして下さい。

 

Via: Me1vin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ