先日、Appleが販売を開始したHomePodの音楽再生対応フォーマットの中に「FLAC」(ハイレゾ)フォーマットが含まれていることがわかりました。

これはHomePodの製品仕様ページから明らかになったもので、Appleの独自形式「Appleロスレス」などと並んで「FLAC」の表記がなされています。既にiOS 11やmacOSはFLACの再生に対応しており、FLACフォーマットの音源さえ用意すれば、再生をすることはできていました。

しかしながら、OS側では再生できるものの、2013年のFLAC 1.3がリリースされたタイミングでiTunesではFLAC対応が終了していました。同社が頑なにFLACを扱わない理由もよくわかりませんが、HomePodは音質を売りとする製品であることから、FLAC非対応とするわけにはいかなかったのかもしれません。

 

Via: AppleInsider

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)