本日、Appleは「iOS 11.3」を正式にリリースしましたが、その中に「HomePod」向けの最新のソフトウェアアップデートが含まれているようです。

本アップデートには、ユーザーが2台の「HomePod」をペアにして使用する「ステレオ・サウンドモード」と「AirPlay 2」のサポートが含まれているとみられています。

HomePodのソフトウェアアップデートは、『ホーム』アプリより可能となっており、同製品のセットアップを行ったiOS端末側に「iOS 11.3」を適用した後、HomePodに最新のソフトウェアアップデートが利用可能であることを示すアラートがアプリに届く仕組みとなっています。

なお、米メディア9to5Macによると、本アップデートは同製品の一般販売が開始されて以来、初めてのアップデートとなるということです。

 

『HomePod』はAppleの音声アシスタントの「Siri」を搭載しており、話しかけることにより天気やニュース、交通情報、タイマーなど様々な情報を聞くことができる他、HomeKit対応デバイスの操作にも対応しています。本体には、7基のツイーターと4インチのウーファーを搭載しており、オーディオビームフォーミングやノイズキャンセリング機能の為にA8チップを搭載しています。このA8チップが設置場所から音響特性をモデリングし、常に最適な設定で音楽を楽しんだり、様々な情報を確認できます。

現時点で販売が開始されているのは、アメリカ、イギリス、オーストラリアの3国のみで、今春にはフランスとドイツでの販売も開始される予定となっています。なお、国内での販売は今の所未定で、対応言語も英語のみとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)