本日、iFixitがiPad 第6世代 (2018)の分解を実施し、ティアダウンレポートを公開しています。

公開されたレポートによると、メモリーはMicron製 2GB RAM、フラッシュメモリは東芝製の32GB ROMとなっており、Touch IDのチップは前モデルから変わりなく「NXP 8461A1」が搭載されています。また、iPad 第6世代 (2018)の特徴として、内部設計がiPad 第5世代とほとんど共通で、バッテリー容量も8,827mAhと変化はありません。

なお、分解の難易度を示すスコアは10点中2点とユーザー自身での修理は「ほぼ不可能」との結果となっており、その理由として接着剤が多用されており、一度分解すると元に戻すことが難しいことを挙げています。

 

iPad 6 Teardown – iFixit

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)