米メディア 9to5Mac によると、先日リリースされた「iOS 11.3」を iPhone 7/7 Plus に適用するとマイクに不具合が発生する場合があるということです。

これは、Appleが正規サービスプロバイダ向けに配布した文書の中から明らかになったもので、一部の iPhone 7/7 Plus に iOS 11.3 を適応すると、アップデート後にマイクに不具合が生じる可能性があり、通話中にスピーカーボタンがグレーアウトして操作出来なくなったり、ボイスメモを録音しても音声が録音されていないなどの不具合が発生するとしています。

しかしながら、現時点でこの問題を報告するユーザーはかなり少なく、実際にこの問題を抱えているユーザーもごく僅かであると考えられますが、万が一アップデート後にマイク関係の不具合を感じられた方がいらっしゃいましたら、Apple Storeや正規サービスプロバイダに持ち込んでみることをお勧めします。

なお、現在最も新しい iOS である「iOS 11.3.1」で同様の不具合が修正されているかどうかなどは不明ですが、iOS 11.3 がリリースして2週間程度で本バージョンがリリースされたことを考えると、本アップデートでこの問題が修正されている可能性が高そうです。

 

Via: 9to5Mac

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントをどうぞ