先日、MicrosoftがWindows 10の大型アップデート「Windows 10 April 2018 Update」をリリースしましたが、リリース直後から一部ソフトウェアがフリーズする問題が発生するなど、安定性の面で様々な問題が報告されていました。

そんな中、本日新たに東芝製のSSDを搭載したデバイスのバッテリー性能が低下するという不具合が報告されていることがわかりました。

本不具合は、東芝製SSD「XG4」シリーズ、「XG5」シリーズ、「BG3」シリーズを搭載したデバイスに「Windows 10 April 2018 Update」を適用すると、バッテリ寿命が著しく低下する可能性があるという不具合です。

既に、Microsoft、東芝共に本不具合を把握しており、MicrosoftはOEMパートナーや東芝と協力して本不具合の解消に向け作業を開始しているということです。なお、Microsoftは同不具合の修正は6月上旬頃になるとしており、6月の月例パッチでの修正を視野に入れているのかもしれません。

なお、本不具合への対処方法は以前のバージョンのWindows 10に戻すことと案内されていますので、6月の定例パッチまで待てないと言う方はバージョンの復元作業を行うしかないようです。

かなりの余談ですが、今回の不具合が報告されているSSDはWindowsの中でもハイエンド機種などに採用される傾向が強く、薄型、高性能、ロングバッテリーライフを売りとしたモデルなどに多く採用されているSSDとなっています。お使いのデバイスが、これらの特徴に該当する場合、Windowsの標準機能や専用ソフトウェアなどを使用して東芝製のSSDを搭載していないか確認した方が良さそうです。

 

Via: Softpedia

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントをどうぞ