本日、AppleがiPhone、iPad向けの次期OS「iOS 12」を発表し、デベロッパー向けにリリースを開始しました。
本記事では、現時点まででわかっている「iOS 12」の細かな新機能や変更点をお届けします。

・iPadでのジェスチャー操作が「iPhone X」と同様に

iOS 12では、iPad上でのジェスチャー操作に一部変更が加えられています。

iPhone Xと同じように画面を下から上にスワイプすることでホーム画面に戻ることが出来るようになっています。また、iOS 11までは画面下から上へのスワイプ操作は、コントロールセンターとマルチタスク画面が表示されていましたが、iOS 12でコントロールセンターにアクセスするには、画面右上隅から画面を下方向にスワイプすることでアクセス可能となっています。マルチタスク画面についても、iPhone Xと同じ操作方法で表示されるように変更されています。

・ソフトウェアアップデートの自動化が可能に

iOS 12では、ソフトウェアアップデートの自動化が選択できるようになっています。

「iOS 12 beta 1」の『設定』>「一般」>「ソフトウェアアップデート」に新しく、「自動アップデート」のオン/オフボタンが用意され、これをオンにすることで最新のOSアップデートがリリースされた際に、自動的にソフトウェアアップデートを実施するようになるようです。

「Face ID」に2つ目の顔を登録することが可能に

iOS 12では、「Face ID」に2つ目の顔を登録できるようになっています。

これは、『設定』>「Face IDとパスワード」の項目に新たに、「Set Up an Alternative Appearance(別の容姿を設定)」が追加されており、登録済みの顔以外の2つ目の顔を登録することが可能となっています。また、顔をリセットする際は1つずつリセットすることは出来ず、2つ同時にリセットする必要があるとのことです。

なお、本機能は設定項目の名称などから、マルチユーザーへの対応という訳ではなく、あくまでユーザーの認識精度を向上させる為のものであり、眼鏡をかけた状態など通常とは違う容姿の顔を登録することで精度を上げる仕組みとして実装されたようです。

現時点で判明している「iOS 12」の細かな新機能や改善点は以上の通りとなっています。
なお、iOS 12の正式リリースは今秋ですので、それまでのテスト期間中にこれらの機能に変更が加えられる可能性があります。

iOS 12の大規模な新機能についてはこちらをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)