米メディア Cult of Macによると、iOS 12 では 3D Touch 非搭載機種でもトラックパッドモードが利用可能になっていると言うことです。

本機能は「iOS 11」より3D Touchを搭載しているiPhoneと全てのiPad向けに実装された機能で、iPhoneの場合はキーボードを強く長押し、iPadの場合は2本指でキーボード上をロングタップすることで上記のように、画面上にカーソルが出現し文章編集をよりスムーズにする機能です。

従来まで、iPhone上では3D Touchを搭載していなければ利用できなかった本機能ですが、デベロッパー向けなどにリリースされている「iOS 12 beta」ではiPhone SEなどの3D Touch非搭載機種でも、キーボードのスペースキーを1秒間タップ&ホールドすることで「トラックパッドモード」が利用できるようになっていると言うことです。

但し、iOS 12は初期ベータ版の為、正式リリースまでに実装が取り消される可能性もありますので、あくまでも現時点での情報として捉えておいて下さい。

 

Via: Cult of Mac

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ