本日、iFixitがMacBook Pro 2018のバタフライキーボードを分解し、ティアダウンレポートを公開しています。

公開されたレポートは、MacBook Pro 2018 の第3世代バタフライキーボードに焦点が当てられたもので、パウダー状の塗料添加物を利用した異物侵入テストも行なっています。

異物混入テストでは、上記画像の通り、パウダーはキートップのエッジ部分に集中しており、動作不良の原因となるキー内部への侵入は少なかったということです。しかしながら、タイピングの振動でこれらが内部侵入してゆく可能性もあり、ゴミの侵入を完全に防げる訳ではありませんが、旧モデルと比較するとこの膜がゴミの侵入を防ぐ一定の効果があると結論付けています。

さらに、スペースキーの内部構造にも改良が加えられており、キートップの厚みが前モデルの1.5mmから1.25mmへと薄くなっており、キートップの取り外しが容易になり、交換が簡単にできるようになっているということです。また、ゴミの侵入に一定の効果があるとされた「シリコン製の膜」は、一枚のシート状の部品としてトップケースの内側に装着されている事も報告しています。

 

Via: iFixit

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)