米メディア MacRumorsによると、MacBook Proはロジックボードが故障するとSSDのデータ復旧は不可能であるということです。

従来までのMacBook Proのロジックボード(内部基盤)には、データ復旧用の専用ポートが設置されており、故障したロジックボードにある専用ポートと正常に動作するMacBook ProをType-Cケーブルで接続すれば、データを吸い出すことができました。

しかしながら、先日のiFixitのティアダウンレポートでも判明していた通り、MacBook Pro 2018からはこの専用ポートがなくなっており、従来の方法ではロジックボード故障時にSSDからデータを吸い出せないことがわかっていました。

この件をMacRumorsが、Appleや信頼できる複数のApple正規サービスプロバイダに確認したところ、後者から「データ復旧用ツールは2018年モデルのMacBook Proには使用できず、ロジックボードが故障したらデータを復旧できない」との返答を得たということです。

これにより、MacBook Pro 2018ではロジックボードが故障した場合、データの復旧はできないことが確定しました。

なお、同誌はこの仕様をMacBook Pro 2018とiMac Proに採用されている「T2」チップの強固な暗号化の影響だと報じており、データを守るにはこまめなバックアップをするしかないとしています。

また、Appleの修理ガイドには、故障したMacBook Proからデータを復旧することはAppleではできないものの、顧客はDriveSavers、Knoll、Seagate、Payamといったデータ復旧の専門業者に相談することができる、と記載されていますが、これがMacBook Pro 2018にも適合する事項なのかや、可能だとしても各社がどのようにデータ復旧を行うかなどは現時点ではわかりません。

 

Via: MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ