ロイター通信などによると、中国福建省福州市で行われていた、AppleがQualcommの特許を侵害したとする裁判が結審し、裁判所は中国国内でのiPhone販売停止を命じたということです。

これにより、Appleは中国全土(特別行政区を除く)でiPhoneの販売が出来なくなり、一時的に販売を停止せざるを得ない状況となりました。

今回の判決で裁判所は、旧モデルのiPhoneの販売差し止めを命じており、最新モデルである「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」については、裁判開始時には発売されていなかったとして、対象には含まれませんでした。しかしながら、現在も販売が続く「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone 7」は販売停止の対象となっているため、業績への影響は少なからずあるものと考えられます。

AppleとQualcommは中国国内でも複数の訴訟を抱えており、今回の訴訟ではAppleが画像編集に関する特許と、タッチスクリーンのスワイプに関する特許の非標準必須特許を侵害したと判断されました。しかし、判決を言い渡した裁判所は、知的財産権に特化した北京の裁判所とは別で、訴訟の当事者が相手に弁護の機会を与えることなく一方的に相手の製品の差し止めを求めることができる異例のシステムとなっているため、猶予期間中にAppleが申し立てを行えば、内容が見直される可能性もあります。

今後、Appleは控訴審を行う予定としておりしばらくの間は、AppleとQualcommの戦いが全世界で繰り広げられそうです。

 

Via: ロイター

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

Error(Copyrighted Image)