iDrop Newsによると、アメリカ合衆国オハイオ州でiPhone XS Maxが発火する事案が報告されました。

同紙によると、現地時間2018年12月12日15時頃、iPhone XS Maxを所有するユーザーがiPhoneをポケットの中に入れていたところ、突如発火したということです。ユーザーは、昼食休憩時にポケットに入れたスマートフォンから変なにおいがしているのに気づき、「かなりの熱さ」を感じ、その直後にiPhoneから発火したと語っています。

同氏は、直後にApple直営店にiPhone XS Maxを持ち込み、対応を依頼したところ、エンジニアリングチームにデバイスを送らなければならないとの答えのみが返ってきたということです。また、発火時に着用していた衣類などの補償については、デバイスの検査が終了してからでないと回答できないとの対応を受けたということです。

その後、Appleから同氏に対し行われたのは「iPhone XS Maxの交換」のみで、その他の補償については行わない旨を通達されたということです。これを受け、同氏は事故で損傷した衣服や靴、Appleと交渉している間使用できなかった携帯電話利用料の埋め合わせの支払いを求め、訴訟の準備を進めているとのことです。

なお、ユーザーの使用方法に問題がなかったと言い切れる確証もなく、特に大型のデバイスをズボンのポケットに入れた場合、デバイスは想定外の加圧を受けやすく、リチウムイオン電池の発火に繋がる可能性は十分あります。

 

Via: iDrop News

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

Error(Copyrighted Image)