本日、Appleが「iPad Pro 2018」の湾曲問題についてのサポート文章を公開しました。

公開されたサポート文書では、iPad Pro 2018の筐体コンセプトと製造過程を紹介した上で、Cellularモデルを中心に報告されている本体の湾曲について以下の通りコメントしています。

精密な製造技術と厳格な検査プロセスにより、新しいiPad Proモデルは前世代よりもさらに厳しい平坦性の仕様を満たしています。どの辺であっても、400ミクロン以下の偏差のみを許容しています。新しいストレートエッジとアンテナの存在が、特定の視野角では通常の使用中には感じない「歪み」に見えるかもしれません。

これらのわずかな違い(400ミクロン以下の誤差)は、筐体の強度や製品の機能には影響せず、通常の使用では経時的に変化しません。

上記のコメントからもわかる通り、AppleはiPad Proが歪んで見える現象を「視覚現象」とし、出荷時には400ミクロン以上の反りがある製品は出荷されていないとしています。その上で同社は、万が一iPad Proのボディーに湾曲がみられる場合は、速やかにAppleサポートに問い合わせて欲しいとしています。

 

iPad Pro unibody enclosure design

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)