みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回もいつものごとく、Appleの発表会終わりには恒例となっている「まとめ記事」をお届けします。
なお、紹介順は需要がありそうな順に並んでいるため、前後関係が一致しない場合があります。その点は予めご承知おき下さい。

・iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max

毎年秋の発表会の恒例となっているのが「iPhone」の発表です。
今年も、例年通り秋の季語かのごとく新型iPhoneが発表されました。

2019年の「iPhone」の名称は、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3種類。
iPhone 11 が iPhone XR の後継モデル、iPhone 11 Pro が iPhone XS、iPhone 11 Pro Max が iPhone XS Max の後継機種となっています。

今年のiPhoneの大きな変更点は、カメラ数の変化となりました。

iPhone XR では1眼だったレンズ数が iPhone 11 では2眼に、iPhone XS/XS Max で2眼だったレンズ数は、3眼へと各モデルとも1つずつレンズの数が増加しました。これに伴い、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxでは、超広角、広角、望遠の3種類の撮影が可能となり、iPhone 11でも望遠撮影が可能となりました。

全モデルともに A13 Bionic チップを採用し、前モデルよりも高速化されている他、新色として iPhone 11 Pro/Pro Max にミッドナイトグリーン、iPhone 11にパープルグリーンが追加されました。

販売は、全モデルとも2019年9月13日金曜日から先行予約が開始され、2019年9月20日金曜日〜販売が開始されます。
価格は、iPhone 11 が¥74,800〜(64GB/128GB/256GB)、iPhone 11 Proが¥106,800〜、Pro Maxが¥119,800〜(64GB/256GB/512GB)となっています。

また、iOS 13 のリリースは、2019年9月19日〜となっており、新しいiPhone向けの追加のソフトウェア機能は、2019年9月30日にリリースされる iOS 13.1 で利用可能になるとしています。

・Apple Watch Series 5

Apple Watch Series 5 は、ディスプレイを上げたりタップしたりすることなく情報を確認することのできる Always-On Retina ディスプレイ、いわゆる文字盤の常時点灯機能がようやく実現されました。

さらに、本体にコンパスを内蔵し、ナビゲーション機能の改善が行われている他、国際緊急通報を使用すると、近くにiPhoneがなくても、150か国以上でApple Watchから緊急サービスを直接呼び出すことができるということです。

Apple Watch Series 5 は、アルミニウム、ステンレス、セラミック、チタン製のケースが用意されており、新しいNikeバンドやHermèsバンドも合わせて発表されています。

予約は本日より開始され、発売は2019年9月20日金曜日〜となっています。価格はGPSモデルが ¥42,800〜、GPS + Cellular は¥53,800〜となっています。
さらに、Apple Watch Series 3 の価格改定を実施し、GPSモデルが¥19,800〜、GPS + Cellular は¥29,800〜となります。

また、watchOS 6 は、Apple Watch Series 3 以降のモデルで2019年9月19日に、Apple Watch Series 1 および 2 でこの秋に利用可能になります。

・iPad 10.2 2019(第7世代)

新しい廉価版 iPad として、iPad 10.2インチモデルが発表されました。

2018年モデルの 9.7インチ から 10.2インチ へと画面サイズが拡大され、新たにSmart Keyboardに対応、CPUは第6世代と同じくA10 Fusionチップを採用しています。

また、Smart Keyboardは、スマートコネクタを使用して10.2インチiPadに接続するフルサイズのキーボードとなっており、中国語(簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、スペイン語を含む30以上の言語のレイアウトで、¥17,800で個別に購入できるとしています。

新しいiPadは、32GBと128GBモデルが用意され、シルバー、スペースグレー、ゴールドの3色が用意されます。
販売価格は、Wi-Fiモデルが¥34,800〜、Wi-Fi + Cellularモデルが¥49,800〜となっています。

なお、予約は2019年9月11日〜開始され、発売は2019年9月30日〜となっています。
また、iPadOS は2019年9月30日〜配信が開始される予定となっています。

・Apple TV+ & Apple Arcade

今春にサービス提供が発表された、Apple TV+ と Apple Arcade。

共に月額利用料は¥600となっており、Apple TV+ は2019年11月1日〜サービス開始、Apple Arcade は2019年9月19日〜サービスの提供が開始されます。

これらのサービスは、世界150の国と地域で提供される他、Apple TV+ では40カ国以上の言語で字幕付き、または吹き替えされたコンテンツを視聴できるとしています。また、サービス開始を記念して、本日よりMac、iPhone、iPad、Apple TV などの Apple 製デバイスを新規購入したユーザー向けに、1年間の無料視聴権利を付与するキャンペーンを実施するとしています。

さらに、ファミリー共有機能を通じて、最大6人の家族が1つの Apple TV + サブスクリプションを共有できる他、ダウンロード再生、異デバイス間での再生にも対応しているということです。

・その他

今回、発表会では触れられなかったものの、各デバイス向けのアクセサリーに新色が追加されたり、新モデル登場による旧モデルの販売終了などがありました。

本稿執筆時点で判明しているだけでも以下の変更がありました。

・iPhone 8 に128GBモデルが追加される
・11インチiPad Pro用Smart Folio​、iPad mini Smart Cover に新色アラスカンブルーが追加
・iPhone 7/XS/XS Max の販売を終了
・Apple Watch スポーツバンドに新色パイングリーン、アラスカンブルー、クレメンタイン、レモンクリームが追加
・Apple Watch スポーツループに新色ポメグラネット、カーキ、アラスカンブルー、ミッドナイトブルー、キャメル、アンカーグレイが追加
・Apple Watch Nikeスポーツバンドに新色ブラック/ピンクブラスト、デザートサンド/ブラック、ロイヤルパルス/ブラックが追加
・その他、各種Apple Watchバンドに新デザインやカラーが多数登場
・新型iPhone向けの各種ケースの販売が開始
・Apple Watch磁気充電 – USB-Cケーブル に100cmモデルが追加

・まとめ

今回の発表会を一言でまとめると「停滞」。
各国で、次世代通信規格「5G」の準備が進む中、今年のiPhoneは5Gへの対応は見送られました。

また、事前の報道にあったような新しいジャンルのデバイスも登場せず、あくまでも現状維持を目的とした新製品群になっている印象を持ちました。Apple TV+ と Apple Arcade に関しては、今後の収益の柱となる事業になる可能性を秘めているとは感じますが、現時点ではサービス開始前であるため、これらのサービスについての言及は避けたいと思います。

但し、停滞感が漂う製品群の中で唯一、Apple Watch が多くのユーザーが待ち望んでいた、文字盤の常時点灯に対応する進化を遂げた点では、一層 Apple Watch の存在価値が高まったように感じます。

また、今回の発表内容を見る限り、年内にもう1度発表会が実施される可能性が高そうですので、Mac、iPad、Apple TV などの、発表が予想されていたにも関わらず登場しなかったデバイスや、iPhone 11 に搭載された謎の「U1」チップについても何か言及されるかもしれません。

このムービーに登場する製品がリフレッシュされる説

今年も、事前予想通りといえば「それまで」ですが、日本では10月に消費増税と端末と回線の分離販売を定めた、新電気通信事業法の施行が控えていますので、何か欲しいデバイスがある方は9月中に購入された方が良いかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

Error(Copyrighted Image)