Written by 09:51 Apple, プレスリリース

Apple、Apple Watch アプリのSeries 4対応と watchOS 6 SDK でのビルドを2020年4月より義務化へ

本日、Apple が Apple Watch アプリの Apple Watch Series 4対応と watchOS 6 SDK でのビルド義務化を発表しました。

同社の発表によると、2020年4月以降に提出される全てのアプリが、Apple Watch Series 4 への対応と watchOS 6 SDK でビルドされたものである必要があるということです。これらは、新規アプリを提出する際に課せられる条件となっており、現時点ではアップデートは対象外となっています。

 

Submit Your watchOS Apps to the App Store

(Visited 1 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)