本日、iFixit が Apple Watch Series 5 の分解を実施し、ティアダウンレポートを公開しました。

公開されたレポートによると、Apple Watch Serize 5 から新たに搭載された画面の常時点灯機能用に新しい環境光センサーが搭載されているということです。また、内部設計は Series 4 と酷似する点が多いとしていますが、Taptic Engineやディスプレイ、バッテリーなどでコネクタの形状が変更されており、多くの部品に互換性はないということです。

さらに、バッテリー容量は296mAh(44mmモデル)で、Series 4 の291.8mAhよりも僅かに増加していることもわかっています。

 

Apple Watch Series 5 Teardown – iFixit

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

Error(Copyrighted Image)