本日、Apple が iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム を発表しました。

同社の発表によると、一部のコンポーネントの故障により、特定の iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らなくなる可能性があることが判明したということです。この問題の影響が確認されているのは、2018 年 10 月から 2019 年 8 月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバイスだとしています。

使用中のデバイスが修理の対象である場合は、無償での修理となります。

その他の詳細は、Apple 公式ページより確認することができます。

 

iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

Error(Copyrighted Image)