AndMesh iPhone SE ケースをレビュー!

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、AndMesh iPhone SE ケースをレビューします!
以前から気になっていたケースなので、到着を楽しみにしていました…。

今更ですが、開封とケースの各部を見て行きたいと思います!




パッケージ。あまり似たものがない特徴的なパッケージですね。

本体。メッシュが良い感じです。裏面はマットな処理になっています。

iPhoneに密着する側は光沢感のある加工になっています。

カメラ部分。解放部が少なめになっています。

サイレントボタンは解放、音量ボタンはカバーの上から押すスタイルになっています。

下部の加工など、非常に高い精度で作られていると思います。

強化ガラスフィルムを貼っていても、2〜3mm程度ケースの方が高くなっています。

穴のアップ。均等に穴が開けられていて凄いなぁ…。と思います。





素材に日本製エラストマーが使用されており、これが硬くもなく柔らかくもなく。
心地良い触り心地で、本体にエッジと相まってグリップ感も良い感じになっています。

また、AndMeshは「ドロップテスト」と言う厳しい落下試験をクリアしており、Appleが定めるルールにも準拠した耐久性を実現しているそうです。

個人的に少し気になったのが、各ボタンの硬さ。電源ボタン等を押した時に押した感触が殆どありません。
恐らく数週間使用しているうちに柔らかくなって来るとは思いますが、最初は慣れないかもしれません。

ちなみに、このケースを買う前はRAKUNIのiPhone SE用のケースを使っていましたが、iPhone6sもRAKUNIのケースを使用しており、RAKUNIを2つ持つのは重量的に辛くなってきたのでSEの方のみこのケースに変えてみました。

RAKUNIの様な多機能なケースも良いですが、AndMeshの様にシンプルなケースも良いですね。
当分の間、iPhone SEはAndMeshを使って行こうと思っています。

 

メーカーさんの公式ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ