Apple製品が不調…。そんな時には純正アプリ「Appleサポート」を使ってトラブルシューティング!


Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/purudo/xn--p9j1ayd.net/) in /home/purudo/xn--p9j1ayd.net/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 415

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/purudo/xn--p9j1ayd.net/) in /home/purudo/xn--p9j1ayd.net/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 439

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

iPhoneの画面操作が突然できなくなった…。Macの電源が入らない!
と言う経験はこれに限らずAppleユーザーの方であれば、一度は遭遇したことのあるトラブルだと思います。

今回は、そんなApple製品が不調になった時に使える便利なアプリ「Apple サポート」をご紹介します!




まず、ダウンロードはこちらから↓

Apple サポート
Apple サポート
  • Apple サポート Screenshot
  • Apple サポート Screenshot
  • Apple サポート Screenshot
  • Apple サポート Screenshot
  • Apple サポート Screenshot
  • Apple サポート Screenshot
  • Apple サポート Screenshot
  • Apple サポート Screenshot
  • Apple サポート Screenshot
  • Apple サポート Screenshot

ダウンロード終了後にアプリを開くと、所有している端末が一覧で表示されます。
その下に「おすすめの記事」として、いくつかの項目が表示されています。

※このアプリを利用するにはApple IDが必須となります。

端末一覧の中からサポートを受けたい端末を選択すると、端末に応じたトラブルシューティングが表示されます。

ここでは、iPhone6s>バッテリー、電源、および充電>バッテリーに関する質問 の順に進めてみました。

どの項目も最終的には「サポートオプション」に行き着き、Web上で解決方法を表示するか、電話での問い合わせが案内されるようになっています。



修理に関してもアプリ内で完結でき、一部の項目はアプリ内で端末のハードウェア診断を実行し、修理が必要かどうかを判断することが出来ます。修理が必要と判断された場合、最寄りのApple Storeや、Apple正規プロバイダに予約を入れることも可能です。

 

最近、端末の調子が悪い…と言う方はダウンロードして、原因究明をしてみてはいかがでしょうか。
保証期間内であれば、無料で解決できる問題もありますので、少しでも気になることがある方は是非。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ