Apple Parkの過去2年間分の建設進捗状況がわずか18秒でわかる動画

衛星画像会社Planet Labsが、Apple Parkの過去2年分の建設進捗状況をわずか18秒の映像にまとめて公開しています。

Apple Parkの建設が始まってから約6ヶ月後の2015年9月が動画のスタートとなり、ビデオが進むにつれて、Steve Jobs Theatreのエントリーウェイ(右下)、Appleのウェルネスセンター(右上)などが登場します。

Apple は4月に従業員を新本社に移動させ始めましたが、まだ重要な作業が行われており、従業員のほとんどが移動していなようです。

最新の映像では、内装工事を継続しているだけでなく、緑化作業が進められています。
また、公式オープンに向けてVisitor Centerのスタッフも雇用し始められたようです。

Planet Labsは今年初めにGoogleから7台の衛星を購入し、来年から高分解能衛星画像を販売開始予定の企業です。




Via: 9to5Mac

保存保存保存保存

保存保存

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ