10歳の息子が母親の「iPhone X」のFace IDを突破 しかし将来的にはできなくなる可能性も

本日、YouTube上に10歳の息子が母親の「iPhone X」のロックをFace ID使って解除する様子を撮影した動画がUPされました。

動画には、母親が自身のiPhone XのロックをFace IDで解除し、その後ロックをかけて息子に渡し、息子がFace IDでロックを解除する一部始終が収められています。


しかし、この動作にはFace IDの仕様が大きく影響していたことが後々わかりました。

AppleはFace IDをより高精度にするために、同機能に学習機能を実装しています。日頃からFace IDを利用することで、顔の変化などを学習し、認証が失敗した場合でもパスコードを打ってログインした場合の顔はある程度の特徴が一致する場合は、端末の持ち主であると学習させています。

今回の場合、息子は母親のiPhoneのパスコードを知っており、Face IDを使用しない状態でのログインを繰り返していたとのことで、この学習機能が息子も母親と同一人物であると勘違いし、ロック解除ができる状態となっていたようです。

実際、母親がFace IDの再登録を行なってみると息子はログインできなくなったということです。

 

AppleはFace IDが双子をも見分けると胸を張っていますが、Touch IDと比較すると遺伝的な部分に左右されることが多く、今後の精度の向上は必須となっているのが現状です。また、今回のような事例はソフトウェアの改善である程度の精度向上が見込めるため、将来的に改善される可能性が高そうです。

 

Via: 9to5Mac

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ