Apple、「watchOS 4.2」をリリース

本日、Appleが「watchOS 4.2」をリリースしました。

本アップデートは、Apple Pay Cashのサポートがメインの変更点となっていますが、現時点で日本国内では提供されていない為、細かなバグや信頼性の向上が中心となっています。

・”ホーム”にスプリンクラーと蛇口のHomeKitへの対応を追加
・Apple Watch Series 3で、他社製のAppがダウンヒル・スノースポーツの距離、平均速度、滑走回数、高低差を記録できる新しいワークアウトタイプへの対応を追加
・Siriに天気を尋ねたときに、Apple Watchが再起動してしまう問題を解決
・”心拍数”でスクロールできない問題を修正
・同時に作動しているタイマーまたはアラームを別々に終了させることができない問題を解決


尚、アップデート方法は以下の通りです。

 

・watchOS
『Watch』>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ