アナリストのケイティ・フバーティ氏がヤフーファイナンスに、iPhone Xの販売ペースがiPhone 8を上回ったとのレポートを公開しています。

公開されたレポートのデータは中国国内のもので、発売後1ヶ月間の販売ペースを比較するとiPhone 8/8 PlusよりもiPhone Xが最大0.24%上回っており、非常に好調な販売ペースであることがわかりました。(中国で稼働する全てのiPhoneの%から算出)さらに、iPhone Xは中国国内のiPhoneのアクティブユーザー数も引き上げ、2017年8月と比較すると11月の時点で3.5%のユーザー増となっており、iPhone XがAndroidからの乗り換えを促していることもわかっています。

また、この他にもiPhone Xを購入したユーザーの大半は、iPhone 7/7 Plusからの乗り換えであったようですが、今後2年以上前のスマートフォンを使うユーザーが買い換えることを考えると、更に販売台数が伸びていくだろうと予想しています。

iPhone Xは高価格帯の製品であることから、出荷数が伸び悩むのではないかとも言われていましたが、2017年第4四半期(10〜12月)の全世界へ向けた出荷台数は3,000〜3,500万台に達する見込みであることも分かっており、予想を良い意味で裏切る結果となりました。

 

Via: 9to5Mac

Error(Copyrighted Image)