みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、Appleが販売している「Appleワールドトラベルアダプタキット」をレビューします。
そもそも、国民のパスポート保有率が23%程度の国の言語で本製品のレビューを書くというのも、記事戦略的に如何なものかとは思いますが、購入したものはとりあえずレビューする。というポリシーに則り、レビューしていきます。

・開封

パッケージ

内容物は本体と取扱説明書類

全7種類のACプラグが入っています。

・使い方は電源アダプタの先を交換するだけ

使い方も何も、知っている方なら「単に差し替えれば良いだけじゃん」となりますが、そもそも電源アダプタのプラグ部分が外れるということがあまり知られていなかったりもするので、一応ご紹介しておきます。

MagSafeのプラグ部分をスライドさせるとプラグが取り外せるようになっていますので、

そこに本製品を差し込めばOK。

古いMagSafeはもちろん、USB-C電源アダプタでも同じ方法で使用できます。

なお、Appleの全ての電源アダプタには変圧器が内蔵されていますので、プラグさえ交換してしまえば世界各国どこででもApple製品を充電することができます。また、出すのが面倒だったので検証はしていませんが、iPadに付属する12Wアダプタもプラグが外れますので、本製品を利用できます。

・海外渡航が多いAppleユーザーには必須の品

これまで筆者は、フィリピン、タイ、ベトナムなど、いわゆる「Aタイプ」と呼ばれるコンセントを採用している国への渡航経験しかなかったので、本製品が必要となったことはありませんでしたが、来月、BFタイプを採用している国へ渡航しなければならない用事ができたので、半ば仕方がなく購入しました。

わざわざ、純正品を買わずとも、AタイプからBFタイプに変換する「普通の変換プラグ」を利用すれば他の機器でも利用でき、汎用性は高かったのですが、純正品が大好きな格好のカモ良きAppleユーザーなので、本製品を選んでみました。

・久々にAppleのパッケージに感動した

この頃のAppleはあらゆる製品のカメラを出目金にしたり、使い勝手の悪いマウスを出したりと、プロダクトのデザインを「なぁなぁ」にする上に、箱を開けるとまず「説明書」、iPhone付属のイヤホンケースは紙製。と、パッケージ部分も指摘し出すとキリがないほど手抜き感が出て、古き良きAppleの「トータルデザイン力」は見る影もないと感じていた筆者ですが、本製品のパッケージングを見た時、久々に「アノ」感動を思い出しました。(Apple製品で感動したの何年ぶりだろう)

完璧なまでに整然と配置され、取手まで付く手の込みよう

小さなパッケージを有効に活用する辺りも流石

たかが、数千円のアクセサリーにも完璧といえる設計をするApple。けれど、それも立派なApple製品の1つです。
久々に、古き良き2000年代のAppleの「精神」を感じとることができ、これを見た時は久々にシビレました。

お察しの通り、本製品は外装パッケージの変更はあったものの、Steve Jobs氏がCEOとしてAppleに在任した時代に設計された製品の1つです。
そのデザインが、発売から数十年は経つであろう2018年でも通用する当時のAppleの「デザイン力」に感服しました。

それと同時に、その「良きApple」はもう存在しないのだと思うと、余計に寂しく感じてしまう自分がいました…。

※筆者は「Appleユーザー」であり「Apple信者」では「もう」ありません。(元信者)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)