cheero Fabric braided USB cableを割とハードにレビューしてみる。

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、今更ですがcheero Fabric braided USB cableをレビューして行きます。
発売は2015年10月23日。ちょうど1年前です。しかも私は発売日にこのケーブルを買っていたりします…。

持ってるのに、なんで買ったの?っと言うお話ですが、それは最後に。
とりあえずレビューして行きます。




今回はMicroUSB版を開封して行きます。

fullsizeoutput_95b

パッケージ。MicroUSBのみ2本入りです。

fullsizeoutput_95c

シマシマー

fullsizeoutput_95d

USB-Aの方にはcheeroロゴが。

fullsizeoutput_95e

Lightning・MicroUSB共に端子以外での差異はありません。

fullsizeoutput_95f

レパートリーとしては4つ。MicroUSB50/100cm・Lightning50/100cmです。





もはや説明は不要になりつつありますが、cheeroさんのケーブルは全製品でMFIを取得しており、Apple純正ケーブルと遜色なく使用することができます。(充電・同期可)

でっ。今回のケーブル。普段と唯一違うところは耐久性。
私は過去幾度に渡り、cheeroさんのケーブルの耐久性には頭を抱えてきました。

ですが、今回は恐らく問題ないと思います。
思います。と言う部分で保険をかけていますが、30Kgの荷重試験をパスしているのでそう簡単には断線しないハズ。

と言うことで。

fullsizeoutput_960

普段、私が持ち歩いているカバンと中身を入れて吊るしてみました。
総重量は約5Kgですが、とりあえず切れることはありませんでした。(そりゃMAX30Kgだからね)

fullsizeoutput_961

試す際は自己責任でお願いしますね( ;∀;)

見た目は無事でしたが、充電ができるかが一番大事なポイントなので…。

img_2582

よ、よかった(°▽°)
とりあえず30Kgの試験をクリアしてるだけの耐久力はありました。

この後、25Kgくらいで実験をやろうと思ったんですが、そもそも25Kgの吊るせそうな物なんてなかったので、あえなく中止です。5Kgの雰囲気を見た感じだと全然、対丈夫かと。

 

今回このケーブルを買った理由。
耐久力。と言うことでお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、以前モバイルバッテリーの充電用で使っていたReversible cableが何度交換してもダメだったので、耐久力を売りにしたこちらに乗り換えた。と言ったところです。

個人的には耐久性が上がったReversible cableが出て欲しいところです…。

とりあえず、Lightning版を1年使って来てトラブルなく使えましたので、安心して使っていけると思います。
(私的にはcheeroさんのケーブルの中ではイチオシです)

cheeroさんの公式ページは以下より。
Lightning版

MicroUSB版

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ