みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、タイトルにもある通り iPhone の充電速度を劇的に向上させる方法をご紹介します。
なお、先に断りを入れておきますが、本記事は付属の充電器を利用して充電速度を改善しようという趣旨ではなく、専用の充電器を利用し、劇的に充電速度を向上させる方法をご紹介するというものです。

・対象は2017年以降に発売された iPhone を持つユーザー

まず、本記事がターゲットとしているのは「2017年以降に発売された iPhone を持つユーザー」です。
具体的な機種名は以下の通りとなります。

・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone X
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR

また、iPad に関しても以下の機種が対応しています。

・iPad Pro 12.9-inch (第 3 世代)
・iPad Pro 12.9-inch (第 2 世代)
・iPad Pro 12.9 インチ
・iPad Pro 11-inch
・iPad Pro 10.5-inch

上記以外の iOS デバイスを利用中の方は、残念ながら今回ご紹介する方法で劇的に充電速度を向上させることはできません。

・何をしようとしているのか

今回ご紹介する方法は、Apple がいうところの「高速充電」を利用する方法です。
高速充電は、iPhone を30分で最大50%という速度で充電可能な機能です。

この機能は、最新のUSB送電規格である USB-PD に準拠したもので、iPhone付属の充電器よりも約2倍早く本体充電を完了させることができます。また、45分間の充電速度で比較すると、付属充電器の回復度合いが35%なのに対し、高速充電は77%と2倍以上の差が出て来ます。(iPhoneの充電が0%の場合)

・必要なもの

高速充電の利用に際し、Appleは公式サポート文章で以下のように案内しています。

Apple USB-C – Lightning ケーブルと以下のいずれかのアダプタを使えば、iPhone を 30 分で最大 50 % という高速で充電可能です。

・Apple 18W、29W、30W、61W、または 87W の USB-C ACアダプタ
・USB Power Delivery (USB-PD) に対応する、互換性のある他社製の USB-C ACアダプタ

なお、現時点でサードパーティよりMFi認証を取得したUSB-C – Lightning ケーブルが発売されているため、Apple純正品を利用せずとも高速充電を利用することができます。

・最も高効率なのは30W充電器

先述の通り、高速充電を利用するにはUSB-PDに対応したACアダプタが必要となります。

しかしながら、その中でも効率の高低が存在します。
数あるUSB-PD充電器の中で最も効率が良いのは、30W充電器です。

比較データ

その他のW数の場合、充電速度がやや低下することとなりますので、iOSデバイスの高速充電を目的としてUSB-PD充電器を購入される場合は、30Wを選ぶようにして下さい。

・個人的なオススメ

USB-PD大好き人間の筆者がこれまでに試して来た、USB-PD充電セットの中で、最も人にオススメできると思っているのが、Anker PowerPort Atom PD 1Anker PowerLine II USB-C & Lightning ケーブルの組み合わせです。

これらは、iPhoneに付属する充電器とほぼ同等サイズながら、30WのUSB-PDでiPhoneを充電できる優れもので、複数セット購入してしまったほど魅力的な製品です。

・最後に

USB-PD充電器とUSB-C Lightningケーブルを準備してまで、iPhoneを高速に充電する必要はあるのか?

人により意見が割れる部分だと思います。しかしながら、iPhoneのバッテリー容量は年々増加しており、昔は十分速いと感じた2A充電器での充電も、今となっては速いとは言い難い状況です。

テクノロジーが変わる中、我々のライフスタイルには大きな変化はなく、朝の忙しい時に、ふとiPhoneを見ると、バッテリー残量が10%だったというハプニングは、変わらず起こってしまいます。

そんな時に身を助けてくれるのが、USB-PD充電器とUSB-C Lightningケーブルだと私は思っています。
テクノロジーの進化で我々の生活が少しでも良くなるのならば、時にはそれを頼り、それによって生まれた時間を有意義に使ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

Error(Copyrighted Image)